トップ利用案内ポイントについて会員登録かごの中身を見るお問い合わせ
購入合計額:0円

Vol 27 脳血管内治療VS外科的治療・内科的治療

▲戻る
Vol 27 脳血管内治療VS外科的治療・内科的治療
齋藤 勇・端 和夫 監修、江面 正幸 編集

ページ数:132P
販売価格:\6,696(税込)
  個 

内容紹介

本会は平成20年8月30日に仙台市江陽グランドホテルにおいて開催されました。本会が仙台市で開催されましたのは初めてことであり、また正統派の脳外科集会のイメージが強い本会を脳血管内治療を専門とする者が担当させていただいたのも初めてのことでした。そこで今回のテーマは「脳血管内治療VSその他の治療」としました。もちろん直達手術と血管内手術はまだまだ協調路線で行かなければいけない領域が多いのですが、そのなかでそろそろガチンコ対決をしてもいい時期に来たのではないかと考えた4つの疾患について、終日ディベートを行う企画としました。この冊子はディベートセッションで発表いただいた先生の中から執筆・掲載の承諾を得られた演題をまとめた講演集です。端和夫先生のコメントを拝見しますと初期の目的はある程度達成されたのではないかと考えております。本会の特徴は、主題や対象疾患を限定して講演と質疑に十分な時間をかけるということですが、同じコンセプトで脳血管内治療仙台セミナーというセミナーを毎年行っております。今回のMt.Fujiは第16回脳血管内治療仙台セミナーとの合同開催としました。このセミナーでも講演集を作成しておりますが、これはMt.Fujiの講演集に倣ったものですので、今回のMt.Fuji講演集は仙台セミナー講演集を兼ねるかたちとしました。本家に組み入れていただいた形です。この結果、質疑応答部分の掘り起こしは毎年の仙台セミナーのそれと同様の作業としました。すなわち「あたかも会場にいるようかのような質疑応答の再現」です。お読みいただいてこの趣旨が少しでも伝わるのならば、hybridにした意味があったのだようと思います。

目次

▲戻る


★お勧め商品-お客様にはこちらの商品もどうぞ★
Vol 3 脳虚血性病変の治療と予防
Vol 3 脳虚血性病変の治療と予防
\4,860(税込)
Vol 37
Vol 37
\6,696(税込)
Vol 28 脳内出血のすべて2009
Vol 28 脳内出血のすべて2009
\6,696(税込)
Vol 26 全身脈管病としての脳卒中
Vol 26 全身脈管病としての脳卒中
\6,696(税込)
Vol 29 動脈解離と脳卒中
Vol 29 動脈解離と脳卒中
\7,128(税込)
Vol 14 血行再建のUp to date
Vol 14 血行再建のUp to date
\6,480(税込)
Vol 24 脳卒中のチーム医療  −EC-ICバイパスの夜明け−
Vol 24 脳卒中のチーム医療  −EC-ICバイパスの夜明け−
\6,696(税込)
Vol 36 小児・若年脳血管障害の現状と未来
Vol 36 小児・若年脳血管障害の現状と未来
\6,696(税込)