トップ利用案内ポイントについて会員登録かごの中身を見るお問い合わせ
購入合計額:0円

慢性脳刺激療法

▲戻る
慢性脳刺激療法
坪川 孝志

ページ数:P
販売価格:\6,600(税込)
  冊 

内容紹介

慢性脳刺激療法は1970年代に頑痛の治療に利用されはじめ、1985年に高度先進治療として認められた。
その後、植物症、パーキンソン病の不随意運動症、脳卒中や脳外傷による不随意運動症、難治性てんかんなどに利用が拡大し、1992年、頑痛症が社会医療保険に承認され、2000年4月より、振戦の治療法として保険適用となった。
すべての機能的脳神経外科的疾患の治療法として承認される日も近い。

目次

▲戻る


★お勧め商品-お客様にはこちらの商品もどうぞ★
脳神経外科ナーシング
脳神経外科ナーシング
\3,300(税込)
脊髄刺激療法のすべて
脊髄刺激療法のすべて
\5,339(税込)
ドイツにおける脳神経外科発展の歳月
ドイツにおける脳神経外科発展の歳月
\1,980(税込)
水頭症の克服に向けて
水頭症の克服に向けて
\641(税込)
脳神経外科手術講義
脳神経外科手術講義
\20,292(税込)
第4回日本正常圧水頭症研究会抄録集
第4回日本正常圧水頭症研究会抄録集
\3,300(税込)
脳虚血と細胞障害 −活性酸素とフリーラジカルの関与−
脳虚血と細胞障害 −活性酸素とフリーラジカルの関与−
\5,500(税込)
脳神経外科手術における脳機能モニタリングの原理と実際
脳神経外科手術における脳機能モニタリングの原理と実際
\2,750(税込)